ブルースの薦め <音楽塾コンサートに寄せて>
2009/12/06

ジャズの基本には循環コード(Rhythm change)とブルースがあると言われる。循環コードでの巧みなフレージング、ブルースという様式の中での話法がジャズの根底に流れる。

Rhythm change:循環コードは、ガーシュインの♫ I got rhythmのコード進行に後から替え歌がいっぱいできて、原曲タイトルをもじってそれらをRhythm changeと言うようになった。その単一調性の中で先へ先へと進むリズミックなコード進行はモーション(進行、移動、運動)することが当たり前な米ジャズメンのリズム感、言語感覚、民族性に起因する。かたや日本語人は一つの場面をじっくり動かずに楽しむことができる静的な美学を持つ。循環コードでのフレーズ作りは日本語人にとってはどんどんグルグル動きすぎて、馴れないと忙しくてついていけない。ジャズの基本を身につけるのに習熟を要する。

コードの引力:調性内に登場する各コードは「中心・安定」「展開・広がり」「緊張・解決へ」の三つの枠に分類できる。この三つの世界を行き来することで色彩の変化を得ることができる。アドリブはそのテーマメロディの印象とコード進行の色彩変化に影響を受けながらフレーズを紡ぐ。コードアレンジはメロディフェイクやリズムアレンジによっても変わってくる。同じ曲でもジャズとボサノバではコード付けが違う。アドリブの出来はコードアレンジの善し悪しも大きく影響する。コードが次のコードに進行するときにできる引力により発想が引き出される。逆に言えば、コードが次々と変わることでアドリブがしやすい面があり、コードが適切な間隔で変わらないとかえって難しくなったりすることがある(特にSwing beatの場合)。

ブルースの発祥:ブルースはアメリカの複雑な人種構造の産物だ。黒人を中心とした非支配層の抑圧と不平等の生活の中で「絶望・希望・人生」が歌われてきた。最初は小節数の概念など薄く、その時々の生活や心情を即興詩として綴った。16小節のものもあるという。次第に12小節(4小節×3)という形が収まりが良くなり定着した。この12小節という短いシーケンスは、そのシンプルさと発展性からアメリカの広い地域に、多くのミュージシャンに波及していった。4小節×3段の中身は徐々に進化し<起・承・(転)結>の流れを持つものも現れる。時世を詠うブルースは共感を呼びヒット曲も生まれた。ブルースには独特のフレージング、音程感覚がある。スケールやハーモニーなど論理的にも説明されているが、いざ語るとすれば、一番はブルースそのものが培ってきた人々の思いや歴史がその根底にあり支えていることだろう。

ブルースの懐:ブルースを愛する人たちはブルースを人生そのものに例える。ロック、ジャズ、ソウル、タンゴ、コラソン(ブラジルの魂・心)…がそうであるように。曲のイメージやコード進行の特徴などの外的刺激をきっかけに演奏者の内面を引き出していくのではなく、最初っから自分と向き合い、本音のフレーズを掘り下げることを求められ許されるブルース。ブルースが持つ大きなキャパシティの中で、どれだけリアリティと覚悟を持って演奏(自己表現)するかによって演奏者の存在感は変わってくる。また、良いフレーズは汎用性に富み、スタンダードであれオリジナルであれ同一キー内であれば、コードや位置を問わずどこでもマッチする。それほどに良いブルースフレーズは生命力とコード感覚を超えた説得力を持つ。すなわちコード進行をメロディライン化しているのではなく、ミュージシャンは自らのルーツを求めてブルースそのものを語ることとなる。ジャズの中にブルースがあるとも、ブルースはジャズを包含するとも言える。ブルース無くしてジャズは語れない。(廣)

※正しい発音はブルーズ(blúːz)